北村山公立病院 院長 

鎌塚 栄一郎

院長 新年度を迎えて

  4月から内科、外科、整形外科で医師の大幅な異動(8名)があり、今まで以上に充実した診療体制になりました。専門性を発揮して北村山地域医療に貢献していただいています。山形市内まで足を伸ばさなくても当院で対応できる診療分野も広がりました。是非当院をご利用ください。

 『断らない病院』を目標に掲げて2年が経ちました。職員の理解、協力を得て道半ばではありますが実現に向けて着実に歩んでいます。北村山地域はもちろんですが西村山、天童からも救急搬送される患者さんが増えました。年間二千台以上の救急要請に応じています。今年度も引き続き『断らない病院』を目標に掲げます。

   新型コロナウィルス。3月31日山形県第一例が発生しました。瞬く間に69例(以下5月7日現在)に増加。世界では366万人以上が感染し死亡者も25万人以上。日本でも感染者1万500人を超え死亡者も600人に近づいています。あらためて3密、密閉空間、密集場所、密接場面を避けて他人との距離を2m以上あけて下さい。 

  病院でも入院患者さんへの感染防止から.外出外泊禁止、面会禁止、病状説明場所変更、来院される皆様全員の体温測定を行っています。入院患者さんや病院職員が感染すると医療崩壊します。ご協力お願いします。

  今年度は外来エリア改修事業最終年度です。外来部門の工事を行っていますのでご来院の皆様にはご不便をおかけしますが、もうしばらくで完成します。既に工事の終わった外来診察室は明るく使いやすくなりました。

 東病棟1973年、西病棟1991年の竣工です。47年間、29年間24時間年中無休で稼働していますが、そろそろ建物の限界が迫っています。人口減少の中、当院が果たすべき役割を明確にして将来構想を考える時だとおもいます。

 新年度を迎え、皆様が新型コロナウィルスにかからないことを願い挨拶とします。