北村山公立病院 院長 

鎌塚 栄一郎

院長 院長に就任して1年が経ちました。

 『断らない病院』を目標に職員とともに地域医療の充実に努めた1年でした。救急車応需率90%、病床利用率も80%と上向き、少しは目標に近づけたのではないかと思っています。地域の皆さまのご理解、職員の尽力のたまものと感謝いたします。

 山形県の人口は108万人、山形市は25万人を切りました。北村山地域は9万人を保っていますが、人口減少、少子高齢化、多死社会への勢いは止まりません。人口減少は医療機関にとって死活問題です。経営難から開業医の無くなった県内自治体も出ているほどです。

 地域の皆さまにとっても医療機関が無くなればこれも死活問題でしょう。北村山地域で休日、夜間診療を受けられる医療機関はごく少数。その中で『北公』は唯一の救急告示病院。将来にわたり『断らない病院』であり続けることが皆さまの健康を守る使命(mission)です。

 老朽化した外来エリアの環境整備を図るため、昨年度から3か年計画で改修工事を行っています。6月からは、地域の皆さまが利用しやすいよう外科外来で午後診療(月・水・木曜日)を始めました。

 また、今年度の新しい取り組みとして、当院で勤務を希望される方の修学を支援する「看護師・薬剤師修学資金貸与制度」を始めました。

 地域に必要とされ愛され続ける病院を目指して、これからも尽力していきます。今後ともよろしくお願いいたします。