外来診療

平成30年7月1日現在

外来診療日 [●が診療日となります]

 
午前 休診

外来担当医

   
午前   遠藤勇気   野村俊一郎 遠藤勇気 野村俊一郎

泌尿器科紹介

日本泌尿器科学会専門医教育関連施設

 近年、増加傾向にあります前立腺疾患の診断及び治療に力を注いでおります。その他、泌尿器科疾患全般について幅広く診療を行なっております。また、当院におけます透析治療など腎不全治療も当科で担当しております。


医長 遠藤 勇気【えんどう ゆうき】(平成18年卒)
専門資格  日本泌尿器科学会指導医
日本泌尿器科学会専門医
癌治療学会癌治療認定医
臨床研修指導医
専門分野 泌尿器科一般

医員 野村 俊一郎【のむら しゅんいちろう】
専門分野  泌尿器科一般

特殊検査・特殊治療等

尿流測定検査、前立腺超音波検査、膀胱鏡検査、軟性膀胱鏡、腹腔鏡手術、骨盤内臓器脱手術、尿路結石手術、悪性腫瘍化学療法

 

~「尿管結石レーザー破砕システム」を導入しました~  
 泌尿器科医長 遠藤勇気   

  従来の尿管結石の治療には、体の外から衝撃波を当てる体外衝撃波結石破砕術が手軽であることから、多く行われてきました。しかし、体の外からでは、硬い結石を砕くには力が弱く、体が動いてしまうため、小さい結石を割るには狙いがつけにくいなどの問題がありました。近年、内視鏡及びレーザーの進歩により、体を切らずに体の中から尿路を通って直接石に到達し、結石を割る治療ができるようになりました。
 この度、当院では「尿管結石レーザー破砕システム」を平成29年6月に導入いたしました。この新しいシステムでは、どの部位にある結石に対しても治療可能であり、かつ直接石を割ることができ、割ったあとに割った結石を回収できるというメリットがあり、術後の再発を減少させることができます。
 現在、術後に発熱がなければ、翌々日に退院となる3泊4日のスケジュールで行っています。
 前赴任先の栃木県内の病院において、このシステムを導入し、県北部地域で最多の手術件数となった経緯があります。その経験を生かし、徐々に件数を増やしている状況です。尿管結石にてお困りの方は是非、当科を受診してください。
 その他の内視鏡手術・腹腔鏡手術・開腹手術にも力を注いでおります。少しずつ地域の皆さまに認知いただいているようで、酒田や飛島など遠方から当科での手術を希望されて来院してくださる患者さんも出てきており、とても感激しております。今後も地域貢献のために尽力していきたいと思います。皆様何卒よろしくお願いいたします。

   2

 

 1 

  (2017.10.15 広報紙クローバー46号掲載)        

 

 

 

 

お見舞いメール(おもいやりメール)

入院中のご家族、お友達など大切な方に「お見舞いメール」を届けてみませんか?
詳しくはこちら

当院広報紙をPDFでご覧いただけます

広報紙

クローバー